MENU

涙袋が作れるアプリで写真加工|自撮りした写真が憧れの目元に!?

スマホを使っているといろんな便利アプリが存在します。
そんなアプリの中には写真を加工するアプリもあり、撮影した写真をおしゃれにするだけでなく、自撮りした写真を思いっきり加工して「盛る」ことが可能です。
そんなアプリの中には、やはりというか涙袋が作れる機能も存在します。

 

フォトショップなどの画像加工ができるソフトを使って自然に見える涙袋を作るにはそれなりの技術の習得が必要ですが、アプリを使って涙袋を作る場合は比較的簡単な操作で涙袋をつけることができるのも魅力です。
アプリで、写真の自分に涙袋を作ってみませんか?

アプリで涙袋を作ってみる!?

涙袋を簡単に作ることが可能なアプリは意外と色々ありますが、人気があって多くの人が使っているものを入れれば間違いはないでしょう。
例えば顔認証機能で自動美肌加工ができるカメラアプリBestieや、美顔メイクができるpitu、機能豊富なCamera360などでも、涙袋を付ける機能が用意されています。
これらのアプリは、無料での利用が可能です。

 

無料で使えるアプリでも十分に多機能なものがありますから、涙袋を作る機能があるアプリをいくつか試して自分が使いやすいと思ったものを利用するのがいいでしょう。
「どうせ写真をアップするなら涙袋以外も加工して思いきり可愛く見せたい!」と思うもの。
涙袋を作って、肌をきれいに見せて、目を大きくして、ちょっと顔を細くして…なんて、自分の願望を写真に反映させて可愛くできれば楽しくなるはずです。

 

とはいえ写真を加工しすぎてしまうと明らかに不自然になってしまうので、自然な可愛さに加工できるように感覚をつかみましょう。
ちょっときれいにメイクした程度から、まるで別人になるような加工まで、色々試していけば「いい感じ」な加工の程度も分かってくるはずです。
涙袋含め、いつもの自分と違う可愛いさを作ってみてください。

アプリの加工だと満足できない!

アプリでいくら理想的に加工ができたとしても、実際の自分の顔には涙袋ができません。
加工した写真の涙袋を見て本物の涙袋が欲しくなってきたとか、加工しても元々無いせいかさっぱり効果が分からなくて嫌になった、なんて感じることもあるかもしれません。
そんな場合は、涙袋メイクをする、自力で本物の涙袋を作る、整形して涙袋を手に入れるという方法もあります。
アプリで涙袋の加工をしながら、理想の自分に近づく努力をしてみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

本物の涙袋が欲しくなって整形を考えているなら、こちらのページをどうぞ。
おすすめクリニックの他、整形の注意点や知っておきたいこともまとめています。
【名古屋で涙袋整形|クリニックのランキングや役立つ情報まとめ】