MENU

涙袋の作り方|マッサージで本物の涙袋ができるって本当?

魅力的な涙袋があれば女子力も上がり、可愛くなれそうですよね。
そんな涙袋の作り方としては、涙袋メイクから整形まで色々ありますが、マッサージを行うことで自前の涙袋が作れるという話もあります。
どうせなら本当にぷっくりした涙袋を、お金をかけずに手に入れたいですよね。
ここでは、マッサージによる涙袋の作り方をご紹介します。

マッサージで涙袋を作る

涙袋を作るマッサージは、涙袋のクセをつけるためのものでもあるようです。
毎日続けていくことで、涙袋がぷっくり見えるようになります。

・用意するもの…マッサージクリーム、ワセリン、乳液など

こういったものを付けて指のすべりを良くすることでマッサージが効果的になりますし、皮膚に対する刺激を和らげることができます。マッサージは継続することで効果を出しますから、皮膚に負担をかけないことも大切です。
いくつか挙げましたがすべりが良くなればいいので、自分の肌に合ったものを使用してください。

 

マッサージの方法

目の下にある骨のあたりに人差し指と中指をあて、上に持ち上げ涙袋が膨らんだ状態を作ります。
これを3秒ほどキープします。
目尻から目頭までこれを繰り返して行います。

たったのこれだけです。簡単ですから毎日続けられそうですよね。
早い人だと一週間くらいで涙袋ができるといいますが、効果が出にくい人も気長に続けてみてください。
このマッサージと涙袋を作るトレーニングを一緒に行うとより効果的なので、余裕がある人はトレーニングもしてみましょう。トレーニングの方法はこちらです。

 

涙袋マッサージの注意点

目の周りの皮膚は薄いので、強い力で押さえることを続けるとシワなどの原因になります。
また、力を入れすぎるとうっかり目に指を当ててしまう原因になります。
マッサージするときは気持ちいいと感じるくらいの強い力を入れたくなりますが、このマッサージではあまり力を入れすぎず、優しく行うようにしてください。
また、マッサージする際は、皮膚に爪が当たるように行うと危ないので、指の腹を使って行ってください。
特に爪が長い人は目に当てて傷つけないように注意が必要です。

 

 

マッサージを行うことは涙袋の作り方としても有効ですが、目元のたるみ予防やクマを予防改善することにも効果があります。
前は涙袋があったけれどたるんできたという人や、クマが酷くて涙袋なのか何なのか分からないという人も、この簡単なマッサージを始めてみると良いことがあるかもしれませんよ。

 

 

マッサージなどのこつこつ続ける方法が性に合わない、
あるいはやってみたけれど効果が無いという人は、
整形で涙袋を作ることも考えてみるといいかもしれません。
【名古屋で涙袋整形|クリニックのランキングや役立つ情報まとめ】